ネイル

ジェルネイルについて

a1

皆さんは今ネイルをしていますか? 学生はしたくても出来ない人もいると思いますし、仕事上出来ないという人もいると思います。また子育てもしていると出来ないという人もいるのではないでしょうか。 私も子供が2人いるので、なかなか出来ません。

ではまだやったことのないという人のために、ジェルネイルとは何なのかを紹介したいと思います。

ジェルネイルとは、水あめのようにトロミがあるものを爪に塗り、専用のUVライトで固めて作るものを言います。

自爪に塗るので、密着力が高くて浮きにくいですし、透明感がありツヤのある爪になるのです。そしてジェルネイルはマニキュアよりも長持ちします。


チップやスカルプでも作ることができ、色もクリアですしアクリルネイルよりも艶やかな仕上がりにすることが出来るのです。

ジェルネイルと簡単に言いましたが、用途や意味は幅広くて、ソフトジェルやバイオジェル、カルジェルなど色々な種類があるのです。

またジェルネイルだから出来るネイルアートがたくさんあるようです。 例えば、ピーコック柄、お花、ヒョウ柄、レースアート、マーブルなどです。

そしてジェルネイルは、1度施術を行うと、だいたい2週間~4週間はもちます。 ですが、水仕事をしている人や主婦は、よく水を使うので、その水分のせいではがれやすくなってしまう可能性が高いのです。

なので、水を多く使うようであれば、耐久性が高いソフトジェルかカルジェルにした方が良いでしょう。


またジェルネイルを落とす時には、ジェルネイルにはアセントなどの液体に溶けない非溶解型なので、削って取ります。そして落とすまでに時間がかかってしまいますし、自分の爪を削ってしまうので、爪が薄くなって、爪トラブルになってしまう可能性もあります。サロンによっては、削っている時に痛みを感じるという人もいるようです。

またリムーバーを使ってネイルを落とす時には、リムーバーの刺激が強くて、爪の周辺の皮膚を傷めてしまう可能性があるのです。 ではどのような工程でジェルネイルの施術していくのかを紹介します。 まずは、爪にヤスリをかけていきます。これはジェルが爪に定着するために削ります。 そのあとは、自分が好きな色と樹脂を塗り、自分が好きなアートをのせていきます。 それが終わったらUVライトを当てて、樹脂を固めていきます。 固まったら完成です。校庭はとても簡単ですね。

ネイルサロンに行ってネイルしている人が多いと思いますが、中には自宅でセルフネイルしている人もいると思います。 そういった人は、ジェルネイルスターターセットという物を使っている人が多いと思います。このジェルネイルスターターセットは、36WのUVライトがセットになっている物です。 またジェルネイルが付いている物もあるので、自宅でセルフネイルしたいと思うのであれば、自分が欲しいセットを購入すればいいと思います。

ジェルネイルスターターセットはドンキにも売っていますし、ネットでも種類が豊富にあるので、探してみるといいでしょう。

初めてやる人は失敗もすると思いますが、何回も挑戦すれば上手くなりますし、自分だけのデザインをすることが出来るので、楽しむことも出来ると思いますので、ネイルが好きな人にはオススメです。

そしてジェルネイルと、普通のネイルの違いはどんなことかというと、ジェルネイルの方がネイルポリッシュよりもネイルの持ちが良く、ジェルネイルも剥げてしまうことはありますが、ネイルポリッシュのように部分的に剥がれることはありません。 そしてジェルネイルは、爪の先や爪の根元が浮いてしまうことはありますが、色は剥がれることはないようです。

そしてネイルポリッシュは、乾くまでに時間がかかってしまいますし指などが触れてしまい失敗してしまうことがありますが、ジェルネイルはUVライトで固めるので短時間で固めることが出来ます。

またジェルネイルはデザインを楽しむことが出来るので、ネイルを楽しむことが出来ると思います。

ジェルネイルは、色々なデザインを楽しむことが出来るので、自分で柄を考えてそれをサロンのスタッフさんにしてもらうと、すごく楽しいと思います。 色も種類が豊富なので、季節にあった色などにすれば、すごくいい物になると思います。

そして仕事や学校でネイルが出来ない人でも、足だけネイルを楽しむことも出来ると思いますし、学生であれば、夏休みのような長い休みの期間だけネイルを楽しむことも出来ると思います。

ネイルをすると指先が綺麗になって気分転換にもなりますし、気分が上がると思うので、まだネイルをやったことがない人や気になる人は試してみるといいのではないでしょうか。

ネイルをすると気分が良くなりますが、ネイルをすることで少し爪を気付付けてしまうということもしっかり覚えておきましょう。 頻繁にしていると、爪が傷つけ続けてしまうので、たまには爪を休めてあげることも大切だと思いますので、気をつけてください。