マニキュア 簡単 セルフフレンチネイル

マニキュアで簡単セルフフレンチネイルをやってみよう!

フレンチネイルを自宅でやりたいけど、自分でやると上手くいかなくて失敗してしまったという経験がありませんか?私は何回も挑戦して失敗してきました。 自宅で簡単にセルフでフレンチネイルを出来るようになったら嬉しくありませんか?

フレンチネイルは、ネイルのデザインの中でも人気で、綺麗系にもゴージャス系にもすることが出来ます。 なので自分でマニキュアを使い、フレンチネイルが出来るようになれば、色々なな形のフレンチや色を楽しむことが出来るようになると思います。

フレンチネイルは、一見すごく簡単そうに見えますが、実は意外と難しくて、形をうまく作れないんですよね・・・ ですが、このやり方を覚えてしまえば、誰でも簡単フレンチネイルができ、楽しむことが出来るようになります。

フレンチネイルとは、一般的に薄い落ち着いたカラーをベースに爪に塗って、ホワイトでフレンチを作るような物が一般的だと思います。

では早速フレンチネイルのやり方を紹介したいと思います。 まずは、ベースコートを爪全体に塗っていきます。乾いてからベースになる薄い落ち着いたカラーを爪に塗っていきます。(ベースになるカラーは2度塗りした方が仕上がりが綺麗です。) この時にベースカラーを透明色にしたいのであれば、カラーは塗らずベースコートだけでも大丈夫です。

ベースが乾いたら、今度はホワイトを塗っていきます。 塗る前にハケをボトルのフチでしごいて、余分な液を落としていき、ハケの片面たけに液が付いているような感じにしてください。液が付きすぎていると失敗の原因になります。

そしてフレンチを形を作る時に一気に形を作ってしまう人がいますが、一気に作ろうとしてしまうと失敗してしまうので、片側からフレンチになるように塗っていきます。 塗る時は、下から上に反対側の爪先に向かうようにアーチを描くようにして塗っていきます。この時のポイントは、ハケを置いたら一筆で塗るようにしてください。そうしないとムラが出来てしまう可能性があります。

そしたら次は、反対側も同じようにやっていきますが、出来るだけ左右が対象になるように塗っていくと綺麗です。 塗ることが出来たら、このままだと尖っていてV字のフレンチになってしまうので、丸みを作るように形を整えていきます。 その時は、液を多く付けず、少な目で塗っていくと失敗しにくいです。フレンチの部分の2度塗りしてください。 またV字のフレンチが良いという人は、丸みを作らずにこのままでいいと思います。 フレンチの部分が乾いたら、トップコートを塗って完成になります。 トップコートも念入りにしっかり塗ってあげると、長持ちするので、しっかり塗ってください。

初めは、この方法でも上手く出来ない人があるかもしれませんが、何回もチャレンジすればすぐに上手く出来るようになると思います。 それか今は、テープなどがありそれらを使うと失敗しないで簡単にフレンチが作れると思うので、失敗したくない人は、そのテープを使ってもいいと思います。

またフレンチ用のマニキュアもあるので、それを使ってもいいかもしれません。 またフレンチにする部分に塗るマニキュアは、サッと塗れるマニキュアを使うと、失敗しにくくなると思うので、サッと塗れるマニキュアを使ってください。

フレンチは、ホワイトが一般的かもしれませんが、フレンチにする部分の色を変えてみても可愛く出来るので、自分が好きな色を使ってフレンチにしてみてもいいと思います。

そしてフレンチにしたところの境目に、ラメのラインを入れると、また雰囲気が変わってとても可愛くなりますので、このような工夫をしてもいいと思います。 ラインじゃなくても、ストーンをのせてもゴージャスになると思いますし、フレンチの所を色々な柄にしてもすごくいいと思いますので、色々試してみてください。

また逆フレンチという物もあるので、逆フレンチも同じようにやっていけば、簡単にできると思いますので、挑戦してみてください。 色々な色を使い、色々な工夫をすると、フレンチだけでも楽しむことが出来ると思うので、試してみてはどうでしょうか。 初めは、失敗してしまうかもしれませんが、何回もすればきっとうまくいきます。 そしてネイルサロンに行くとなると、5000円とか普通にかかってしまうので、自宅で自分で出来るのであれば、お金もそんなにはかかりませんし、良いのではないでしょうか。

そしてオフするのも簡単なので、時間がなくても大丈夫です。 フレンチネイルは、どんな服装の人でも会いますし、どんなときでも合うので、とても便利で大活躍すると思います。

セルフネイルが出来るようになると、すごく助かると思うので、ネイルが好きだけで、サロンにはなかなかいけないという人などには、特におすすめです。 サロンに行く時間がない人やセルフネイルに興味がある人は、是非試してみてはどうでしょうか。