ジェルネイル トラブル

ジェルネイルのトラブルについて

a1

最近は、ネイルをしている人がとても多いと思います。マニキュアをしている人もいると思いますが、ジェルネイルをしている人の方が多いのではないでしょうか。 ではジェルネイルをしていると、どのようなトラブルが起こってしまうのかを紹介していこうと思います。

ジェルネイルをするのには、UVライトを使用してジェルを固めなくてはいけませんよね? 皆さんUVライトを使用することは知っていると思いますが、紫外線を使用しているという認識が低い人が多い気がします。

UVライトには紫外線を使用しているということは、繰り返し使い続けてしまうと、波長が長いUVAが肌の奥に達してしまい、さまざまな影響が出てしまう可能性があるのです。 繰り返し使っていることで、シミ、日焼け、皮膚ガンになってしまう可能性がないとは言い切れないのです。

またジェルネイルを落とす時にリムーバーを使い、落としていきますが、リムーバーはとても刺激が強いので、爪周辺の皮膚を傷めてしまう可能性が非常に高いです。 またリムーバーを入れた容器に指を入れて、しばらく漬けてからジェルを落とすようなやり方をするサロンがあるようですが、効率よくジェルを落とすことは出来ますが、皮膚を傷つけてしまうので、そのような方法でジェルネイルを落とすサロンは注意した方が良いでしょう。

そしてジェルネイルを落とす時に、自爪を薄くしてしまうこともあるのです。 ジェルネイルは、先ほどリムーバーを使ったネイルの落とし方を書きましたが、もう1つは削るという方法がありますが、無理やり取ろうとする人もいます。 無理やり剥がそうとしてしまうと、爪の表面も一緒に剥がれてしまう可能性があり、爪を薄くなってしまうのです。 酷い時には、爪が剥がれて出血してしまうこともありますし、削る方法で落とす場合は、削り方によっては、爪を傷めてしまう可能性がありますし、削っている時に少し痛みを感じてしまう人もいるようです。 ジェルネイルは爪を補強する役目もありますので、このようなことをしてしまうと意味がなくなってしまうので、ジェルネイルを落とす時には、サロンに行ってしっかりと落としてもらうようにしたほうがいいでしょう。

他にも爪のトラブルが色々あるので、書いていきます。
・爪が緑になる
これはグリーンネイルを呼ばれる、爪のトラブルで、緑膿菌という細菌が繁殖してしまい、爪が緑色に変色してしまう状態のことです。 ジェルと爪の間に隙間が出来て、水分が溜まってしまい、それを放置すると細菌が繁殖してしまうことが原因なのです。 治すには、皮膚科に行き治療をしなくてはいけません。そして完治するまでは、ネイルをすることは出来ません。 またこの菌は他人にもうつってしまうようなので、気を付けなくてはいけませんし、免疫力が低下している場合は、二次感染をしてしまうこともありますので注意しましょう。 感染してしまうと気を付けなくてはいけませんし、完治するまでネイルが出来ないのは、辛いことだと思います。

・爪がヨレヨレ、ふにゃふにゃになる
ジェルネイルをしていると、爪がボロボロになってしまい、日常生活を送る上でも、色々な問題が起こることがあります。 爪の削りすぎてしまうことも原因ですが、また何回も失敗を繰り返して何回も削っていると、爪が薄くなり、爪が割れてしまうことがあります。 そうなると、物を触ることが出来ない、知覚過敏のような状態になってしまうこともあります。 もし接客業などをしている人であれば、爪も見られてしまう機会が多いと思いますし、ボロボロを爪を見られてしまうのは、恥ずかしいのではないでしょうか。

このようことが爪のトラブルが起きてしまう原因になっていると考えられます。 また中には、ジェルネイルによってアレルギーを起こす人もいるようです。 痒みや赤み、水泡が指に出来るなどの症状が出ます。ジェルネイルには、多くの化学物質を使うので、肌が弱い人や手が乾燥している人は、ジェルネイルを繰り返していると、突然アレルギーを引き起こしてしまう可能性があるので、肌が弱い人や乾燥している人は、特に頭に入れておくといいでしょう。

またこのようなトラブルが起きないためにも、ネイルサロンを選ぶ時にも慎重に選ぶようにして、自分の爪の状態をこまめにチェックするようにするといいと思います。 またネイルがダメになってきて落として、またその日に新しくネイルを続けてするのではなくて、たまには爪を休めてあげる期間を作ってあげるのも、爪のためには大切なことですだと思うので、爪を休める期間を作りましょう。

指先を綺麗にするためにやっているので、このようなトラブルが起こってしまうと、その症状が完治するまでは、ネイルを楽しむことができず、ストレスがたまってしまうかもしれませんので、気を付けましょう。

ネイルが好きなのであれば、尚更綺麗な爪で入れるように、しっかり爪のことも考えてあげましょう。そしていつまでも綺麗な爪でいられるようにしましょう。